こむら返りを予防するためには<運動・マッサージ編>

こむら返り予防サプリ

運動中などに起こりやすいこむら返りですが、逆に運動や
ストレッチ、マッサージなどで予防・改善することも
出来るので、ぜひ知っておいてください。

 

 

こむら返りの予防に効果的な運動やマッサージ

 

運動時の注意点、ストレッチ

 

長時間動き続けるマラソンやサッカー、水泳中などは
特にこむら返りを起こしやすいとされています。

 

こういった運動をする時は、事前にゆっくりと筋肉を
伸ばすようにストレッチや準備運動をしておくことが大切。

 

また、急激な動きを瞬間的に行うことのあるスポーツも
普段運動をしていないとこむら返りを起こしやすいもの。

 

ジョギングやウォーキングなど緩やかな動きで、
自分のペースで行える運動は比較的こむら返りが
起こりにくいので、運動不足解消のためにも
日頃から行うといいとされています。

 

 

マッサージ

 

こむら返りは筋肉が固く縮こまっていると起こりやすいので
普段からその緊張をほぐしておくとよいとされています。

 

ふくらはぎや足裏などの筋肉をほぐす時は、力を入れて
揉むよりも、さするようにして筋肉をそっと動かすように
しましょう。

 

さすることで筋肉自体をほぐすと同時に、血行不良を
改善することが出来るのでこむら返り予防に効果的です。

 

こむら返りを起こした後にマッサージをする場合は、
必ず痛みが完全に取れてから行うようにしてください。

 

痛みがある時に無理にほぐそうとして触り、筋肉に
刺激を与えると、またこむら返りを起こす可能性があります。

 

 

湿布や塗り薬

 

特にふくらはぎのこむら返りを起こしやすい人の中には
ふくらはぎに湿布を貼って予防している人もいるようです。

 

確かにこむら返りは筋肉疲労などによって起こることが
あるので、筋肉の疲れを取る塗り薬や湿布も
全く効果がないわけではありません。

 

しかし、冷やすタイプの湿布や塗り薬は逆に筋肉を
緊張させてしまったりしてこむら返りを起こしやすくなる
可能性もあります。

 

筋肉を弛緩させて柔らかくするためには、あたためる
効果のある温湿布などを使うといいと思います。

 

 

こむら返りが起きた時の対処法(足の場合)

 

こむら返りは突然起こりますが、そんな時どのように
対処したらいいのでしょうか?

 

 

座っている時

 

まわりに家族や知り合いがいる時であれば、足の裏を
そりかえすようにして裏側から押してもらうようにします。

 

もし誰もおらずひとりの場合は、スポーツタオルや
手拭いを足先に引っかけて手前に引いて足裏を伸ばします。
(足裏に手が届く場合は直接手で伸ばしても構いません。)

 

足裏を伸ばす時は、出来るだけ膝を伸ばして行います。
つま先を体の方へゆっくりと曲げるようにして、徐々に
ふくらはぎの筋肉を伸ばします。

 

この時勢いをつけて一気に伸ばしてしまうと、ふくらはぎの
筋肉を傷めてしまう可能性があるので、ゆっくり行うことが
大切なポイントです。

 

 

立っている時

 

もし座れない場所や状況であれば、こむら返りを起こして
いない方の足を前に出してひざ(太もも)に両手をかけて
重心を前に移動します。

 

そしてこむら返りを起こしてつってしまっている方の
足のかかとを床につけてふくらはぎを伸ばすようにします。
(準備運動でアキレス腱を伸ばす時と同様の動きです。)

 

 

運動中などにこむら返りを起こした時は、一旦治っても
しばらく休憩して筋肉を休めるようにしましょう。

 

すぐに運動を開始するとまたこむら返りを起こす可能性が
高いので、しっかりと休み、ストレッチやマッサージで
筋肉をほぐすようにしてください。

 

 

こむら返り予防サプリ ランキング

関連ページ

ピキーン!!突然やってくるこむら返りとは一体?
こむら返りとは一体どういった現象なのでしょうか?体えの影響やどうして起こってしまうのか説明いたします。
こむら返りが起こるのはこんな時!その原因とは?
こむら返りが起きてしまうのはどんな時?原因なども詳しくご紹介しています。
こむら返りを予防するためには<食べ物・栄養成分編>
こむら返りを予防してくれる栄養は何でしょうか?食べ物に含まれる成分でこむら返りを予防しましょう。
こむら返りを起こしやすい妊婦さんに効果的な予防方法
こむら返りは妊婦になるとおこりやすい現象です。突然のこむら返りを予防するための効果的な方法をご紹介します。